春の甲子園21世紀枠の洛星は大谷顔負け?二刀流選手が8人も!
So-net無料ブログ作成

春の甲子園21世紀枠の洛星は大谷顔負け?二刀流選手が8人も! [甲子園21世紀枠]

部員10人ながら昨秋の高校野球京都府大会でベスト8に進出した京都・洛星。

京都・洛星は、東大、京大をはじめ、有名大学に多くの卒業生を送り出している京都有数の進学校。
その京都・洛星は、昨秋の高校野球京都府大会準々決勝で、強豪龍谷大平安に5-0と敗れたものの、部員10人でベスト8に進出したことや、進学校であることを評価。春の甲子園21世紀枠推薦校に選ばれたのです。

洛星は部員わずか10人の小所帯であるため、ボールボーイもいません。さらには洛星は、2人以上の部員がけがなどで欠けると、試合もできなくなる事態に陥るのです。

部員10人の洛星は、投手と野手ができる二刀流の選手が8人も。昨季のパリーグMVPに輝いた、プロ野球日本ハムの大谷将平投手のような二刀流選手を8人も育てることで、部員10人というハンディを補っているようです。






スポンサーリンク





部員10人の小所帯、二刀流育成でハンディ補う



春の甲子園21世紀枠に選ばれた洛星は、京都有数の進学校。

洛星は、中高一貫の私立校。洛星の進学実績は、2015年で、東大11人、京大は56人(浪人含む)が進学しています。私立大学でも、早稲田大25人、慶応大33人と、有名大学の合格者も多数送り出しているのです。

洛星は、偏差値75。政財界に多くの著名人を送り出しているエリート校といえます。

部員10人でボールボーイもマネージャーも不在



完全中高一貫制の洛星は、野球部員10人全員が、洛星中学野球部からの内部進学といいます。

洛星と同じように、春の甲子園21世紀枠推薦校に選ばれた、高校野球秋季岩手県大会で準優勝の不来方も、部員は10人しかいません。部員10人の洛星は、ボールボーイもマネージャーも置くことができないそうです。そのため、練習は、部員10人全員で行っているといいます。

洛星中学校の野球部は、部員が20人いたようです。

それでも、洛星高校に進学すると、多くの部員が学業を選びます。そのため、洛星高校進学後に、野球を断念する部員も少なくないようです。さらに、昨夏の高校野球京都大会終了後は、3年生が引退。その後に残った洛星高校の部員は10人だけだったのです。

部員の故障に備え、8人が投手と野手できる「二刀流」に



そんな洛星高校を牽引するのは、1年生のエース水江日々生投手。

洛星のエース水江投手は、洛星中時代に、軟式野球京都府大会で優勝した実績も。しかしながら、洛星の部員は10人のみ。そのため、水江投手が故障で試合に出られなくなると、洛星は試合すらできません。

洛星は、部員10人のハンディを補うため、全員が全ポジションを守れるように練習しているのです。洛星は、この方針のもと、部員8人が投手と野手両方ができる「二刀流」のレベルに達したといいます。

洛星の二刀流は、部員10人というハンディを克服するための、苦肉の策ともいえそうです。

一日1時間半の練習を生かすため、常に全力疾走



もちろん、京都・洛星に二刀流選手が8人もいるとはいえ、日本ハムの大谷選手のようなレベルではないでしょう。ただ、全員が全ポジションを守れるように練習するというのは、エリート校の洛星らしい発想といえるのかもしれません。

京都・洛星は、二刀流の選手を育成するだけでなく、短い練習時間で結果を出しています。

洛星野球部のハンディは、部員数が10人であるだけでなく、進学校であるため、練習時間が一日に一時間半しか確保できないところにもあります。

洛星は、短い練習時間を生かすため、練習中はつねに全力疾走。そして洛星は、試合と同じように、アウト27個をどのようにとるかをイメージしながら練習しているそうです。

一日1時間半の練習を生かすため、常に全力疾走



洛星は、こうした練習が実を結び、昨秋の高校野球京都府大会で、敗者復活から勝ち上がりました。

洛星は、高校野球京都府大会2次戦のベスト16で、古豪大谷に勝利。洛星は、高校野球京都府大会準々決勝で、強豪・龍谷大平安に0-5で敗れたものの、春の甲子園21世紀枠の推薦校に選ばれました。

京都からの甲子園21世紀枠出場はゼロ



しかしながら、京都から21世紀枠で甲子園に出場した高校はゼロ。
龍谷大平安、福知山成美、京都外大西など、強豪校がひしめいているため、京都から21世紀枠で甲子園に出場するのは至難のわざなのかもしれません。

それでも、京都屈指の進学校洛星が、21世紀枠で甲子園に出場することがあれば、話題性は十分。

ちなみに、来春の甲子園21世紀枠推薦校に選ばれているのは、高校野球秋季高知大会優勝の中村、高校野球秋季岐阜大会優勝の多治見、宮崎大会準優勝の高千穂、富山大会準優勝の富山東、栃木大会準優勝の石橋、岐阜大会準優勝の多治見など9校です。

果たして、偏差値75のエリート集団、京都・洛星が春の甲子園21世紀枠に選ばれることはあるのか?

スポンサーリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。