早稲田実業
So-net無料ブログ作成
早稲田実業 ブログトップ

プロ注目の履正社・安田、早実・清宮、スカウトの評価は? [早稲田実業]

昨年秋の明治神宮大会高校の部で初優勝、春の甲子園出場を決めた大阪・履正社。

その履正社を引っ張るのが、プロ野球のスカウト注目の四番打者・安田尚憲三塁手。

履正社の四番安田選手は、早稲田実業・清宮幸太郎選手と比べられるほどの実力の持ち主。安田選手は、昨年秋の明治神宮大会高校の部では、決勝でその早稲田実業を下し、履正社を初優勝に導いたのです。

高校球界で常に比較される存在の履正社・安田選手と早実・清宮選手。はたして、プロ野球のスカウトは、安田選手と清宮選手のどちらを評価しているのでしょうか?






スポンサーリンク





明治神宮大会決勝で早実の清宮と主砲対決



昨年秋の明治神宮大会高校の部で、履正社を初優勝に導いた四番・安田選手。

その、安田選手が四番をつとめる履正社は、昨年の明治神宮大会高校の部決勝で、早稲田実業と対戦。安田選手と清宮選手という、高校球界を代表するスラッガー同士の対決は、大きな話題となりました。

明治神宮大会決勝で清宮に負けじと3ラン



昨年の明治神宮大会高校の部決勝で、先制のソロ本塁打を放ったのは、早実・清宮選手。

対する、履正社・安田選手も3回に、清宮選手に負けじと勝ち越しの3ランを放ったのです。明治神宮大会高校の部決勝は、安田選手が四番を務める履正社が、清宮選手の早稲田実業に13-6と打撃戦を制し、明治神宮大会初優勝を果たしたのです。

安田選手に牽引された履正社打線は、この試合、13安打の大活躍を見せました。

高校通産本塁打では清宮が安田を上回る



履正社・安田選手、早稲田実業・清宮選手は、互いにライバル意識を持っているのでしょうか。

早稲田実業・清宮選手は高校通算76本塁打を放っています。

一方の、履正社・安田選手は高校通算44本塁打と、本塁打では、清宮選手に分があります。

ただ、高校通産本塁打は、試合数や、対戦相手投手のレベルにも影響されます。そのため、高校通算本塁打数で、清宮選手が上回っているといっても、実力を比較することはできないでしょう。

清宮、安田とも互いに認め合う存在?



体格では、早実・清宮選手が184センチ97キロ。
履正社・安田選手が188センチ92キロと、安田選手のほうが、少し上回っています。

早実の清宮選手は、履正社・安田選手の打撃を、自分より上だと語っています。

一方の安田選手も、「清宮のほうが上」とお互いを認め合っているのかもしれません。明治神宮大会高校の部決勝では、清宮選手の先制ホームランが、安田選手にも大いに刺激となったのでしょう。安田選手は、清宮選手に触発されるように3ランを放ったのです。安田選手は、この試合、決勝犠飛も放ち、試合を決めたのです。

三塁を守れる安田の伸びしろに高い評価も



プロ野球のスカウトは、履正社・安田選手、早実・清宮選手をどう評価しているのでしょうか。

プロ野球には、早実・清宮選手のバッティングを評価するスカウトもいるようです。阪神や中日などは、清宮選手をドラフト上位候補にあげているともいわれています。

一方、履正社・安田選手は、三塁を守れるという守備での強みがあります。
早実・清宮選手は、公式戦では一塁と外野しか守ったことがないのではないでしょうか。さらに、清宮選手は、左利きであるため、ポジションも限られてしまいます。そのため、履正社・安田選手は、守備を含めた伸びしろで魅力がありそうです。

スポンサーリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

清宮選手に代わる早稲田実業の新4番!野村選手は春の甲子園で大暴れ? [早稲田実業]

高校野球秋季東京大会で優勝し、春の甲子園出場を決めた早稲田実業。

その早稲田実業の中心選手として清宮幸太郎選手にかわって四番を務めるのが、一年生の野村大樹選手です。早稲田実業の野村選手は、四番に起用された初めての練習試合で、いきなり本塁打を放つという鮮烈なデビューを飾りました。

これまで、清宮選手の大活躍で甲子園を沸かしてきた早稲田実業。今度は新たな四番・野村選手が甲子園の注目の的になる?






スポンサーリンク





初の4番務めた練習試合でホームラン



早稲田実業の4番をつとめる野村選手は大阪出身で、早実に進学しました。

野村選手は、中学時代は大阪福島シニアに所属。野村選手は、15歳以下日本代表で四番を務め、国際大会を経験しています。野村選手は早稲田実業に進学後、関東第一との練習試合で、初の四番を任されました。野村選手は、この練習試合で、いきなり本塁打を放つデビューを飾ったのです。

変化球にも体制崩さず対応



早稲田実業は、清宮選手が三番に入り、四番に野村選手が入る強力打線となりました。

野村選手自身は、早稲田実業の顔とも言える清宮選手の後を打つことに、緊張を感じていたそうです。清宮選手ら上級生が野村選手を励ますことで、早稲田実業の四番を打つことに、じょじょに慣れてきたのでしょう。

野村選手の特徴は、変化球にも体勢を崩さずに対応できること。
早稲田実業の中心選手・清宮選手は相手から勝負を避けられることも。そのため、清宮選手の後を打つ、四番の野村選手の打撃が、早稲田実業の勝敗をわけそうです。

明治神宮大会決勝では履正社に力負け



清宮選手と野村選手の3、4番コンビが機能した早稲田実業。

その早稲田実業は、秋季東京大会を制しただけでなく、36年ぶりに明治神宮大会・高校の部で準優勝したのです。明治神宮大会は、春の甲子園の前哨戦ともいえる大会。早稲田実業は、この明治神宮大会決勝では、強打者・安田尚憲選手率いる大阪・履正社の打撃力に屈しました。

春の甲子園でも、清宮選手は徹底マークされるのかもしれません。
その清宮選手の後ろを打つ、野村選手が大活躍を見せれば、明治神宮大会以上の結果を残すこともできるのではないでしょうか。

スポンサーリンク







nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

東京大会優勝で春の甲子園出場!早稲田実業・清宮、野村の3、4番が大暴れ? [早稲田実業]

高校野球・明治神宮大会36年ぶりの準優勝で、春の甲子園出場を決めた早稲田実業。

東西両横綱の対戦として注目された明治神宮大会決勝は、早稲田実業は、大阪の履正社に11-6で敗れ、惜しくも優勝はなりませんでした。

それでも、早稲田実業は、明治神宮大会で清宮幸太郎外野手と野村大樹内野手の3、4番コンビの打撃が光りました。

とくに1年生ながら早稲田実業の4番を務める野村大樹選手は、明治神宮大会準決勝の福岡大大濠戦で5打数3安打4打点。早稲田実業の野村選手はこの試合で、先輩清宮選手の1年生時の記録を更新する通産23号本塁打を放っています。

春の甲子園出場で注目チームとなりそうな早稲田実業。
聖地甲子園でも、清宮、野村の3、4番コンビが躍動する様子が見られるのではないでしょうか。






スポンサーリンク





荒木投手以来の明治神宮大会準優勝



明治神宮大会準決勝で、36年ぶりに準優勝を果たした早稲田実業。

早稲田実業が明治神宮大会決勝に進むのは、元ヤクルトの荒木大輔投手を擁して戦った昭和55(1980)年以来となりました。

早稲田実業の36年ぶりの明治神宮大会準優勝の立役者となったのは、清宮、野村の3、4番コンビ。

清宮、野村の3、4番コンビが、明治神宮大会で目覚しい活躍を見せたのは、福岡大大濠との準決勝。この試合を6-4で制した早稲田実業は、3番の清宮選手が1安打ながら4四球と、全打席で出塁と大活躍したのです。

3番清宮、4番野村の打順に変更



清宮選手の後を打つ野村選手は、明治神宮大会準決勝で、ホームランを含む5打数3安打4打点の活躍。

早稲田実業が、清宮選手を3番に、野村選手を4番に抜擢したのは、各校が清宮選手を警戒するため。

早稲田実業と対戦するチームは、強打者である清宮選手との勝負を避ける傾向にあります。早稲田実業は、清宮選手の後ろを打つ4番が鍵となっていたのです。そこで早稲田実業は、清宮選手をそれまでの4番から3番に変更。1年生の野村選手を4番にすえました。

清宮選手の1年時の本塁打記録を更新した野村選手



その野村選手は、早稲田実業の先輩清宮選手の1年生時の本塁打数を更新する活躍。見事、期待にこたえているのです。

それでも野村選手は、、通産23本塁打という数字にはそれほど満足していないようです。やはり、強豪早稲田実業で、1年生ながら4番を打つことへの責任感があるのでしょう。

1年生ながら早稲田実業の4番に抜擢された野村選手の持ち味は、読みのよさといえそうです。

野村選手は中学時代にU-15日本代表に選出。野村選手は、さらに捕手を経験したことで、配球を読む能力に優れているようです。野村選手は、打席でも、その読みのよさを十分に発揮しているのでしょう。

配球の「読み」にたけた野村選手



野村選手は、京都の同志社中から早稲田実業進学。
野村選手は、強豪・早稲田実業の4番に抜擢されてから、メキメキと実力を発揮しています。

野村選手は早稲田実業に進学してからというもの、体幹強化に重点を置いてきたそうです。そのため、野村選手は、打球に力強さが増してきたといいます。それだけではなく、野村選手は、、変化球打ちでも成長を遂げています。野村選手は、右方向への打球が増え、1年生時の通産本塁打も早くも23号に達しました。

さすがの早稲田実業も、明治神宮大会の決勝では、西の強豪履正社に力負け。

しかしながら、清宮、野村の3、4番コンビは、春の甲子園でも注目の存在となるのではないでしょうか。一冬を越えて、この3、4番コンビがどんな大暴れを見せてくれるのか。春の甲子園を楽しみに見守りたいと思います。

スポンサーリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
早稲田実業 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。